「革のバッグを触って確かめたい」ありがたいお客様

「革のバッグを触って確かめたい」ありがたいお客様

ありがたい「革のバッグを触って確かめたい」というお問い合わせ

お電話やメールで「革のバッグが気になっているんですけど、どこかで展示していたり、扱っているお店とかありませんか?」という内容のお問い合わせをいただくことがあります。

ブランドの立上げ時に、Makuakeクラウドファンディングで百貨店の伊勢丹に展示できたこともあって関東方面の方から「伊勢丹で展示していたバッグですが、他に展示の予定とかありますか」というようなお問い合わせをいただくことが多かったのですが、最近は関西でも同じような内容のお問い合わせをいただくようになりました。

関西でも伊勢丹の知名度は大きく、地元の取引先やビジネス交流会なども革のバッグを紹介しながらクラウドファンディングのお話をするのですが、伊勢丹での展示に話が及ぶとリアクションも大きくなり、バッグへの視線の注ぎ方も変化しているように感じることも少なくありません。誕生して間もないmoeとしてはブランディングとしては効果があったように思います。

メール、お電話、いずれのお問い合わせもmoeのホームページでバッグに関心を持って使ってみたいと思ってくれたお客様です。お問い合わせは男性が多く、ビジネスバッグとしてのurchin3Wayバッグに関するものが多いようです。

「革もすごく良さそうだし、バッグも丈夫そう」「パソコンを入れるバッグで、見た目もかっこよくて、しっかりしてそうですね」「長く使える革のビジネスバッグでノートPCが入って短期の出張とかに使えそうなものを探していたんです」など想いのこもったメッセージもいただけありがたく思っています。

ビジネスバックとして人気のあるurchin3wayバッグ

実際にバッグに触っていないけどオーダーしていただけるありがたいお客様

価格の問題もありますが、革のバッグを即決して気軽に購入しようとする人は少ないと思います。おしゃれでかっこいいだけでなく、ビジネスやプライベートなど使用目的も考えながら、頑丈さや使い勝手の良さ、風合いを楽しむ革の持つ独特の魅力など、いろいろなポイントをチェックして購入する人の方が多いのではないでしょうか。当然のことながら実物を目にしながらの方が売上げにつながる確立は大きいと思います。

常にバッグを展示するような機会や場所を確保できないのがmoeの課題の一つなのですが、そのような状況でもオーダーをいただけるのはとてもありがたいことです。関東方面のお客様が多いのですが、伊勢丹の展示より月日が経過しながらもオーダーをいただいています。

moeについてはECショップ中心で、革やバッグの情報は当店のホームページでのみご案内しているわけですが、それだけに商品の画像点数を増やしたり、バッグについての情報や、素材となる姫路の革や播州織などについても情報量を増やしたり、どのようなことを伝えればよいかを考えながら企画運営をしています。

そのような状況でも「実物を見て(オーダーを)決めたいところですが、ホームページを見てきっといいものだと思うので決めました!」とか「姫路の革だし、バッグもしっかりして、雰囲気も伝わってると感じたので主人のプレセントでお願いすることにしました」というメールなどをいただくこともあり、スタッフとともに喜んでいます。励みになると当時に、ご期待を裏切らないよう身を引き締めていこうという気持ちが強くなりますね。

オフィスに来られてバッグを確かめられるお客様

実際の革のバッグを手にとって確かめたいお客様

このように、ホームページやECショップでしか革やバッグについてご案内できないmoeですが、最近では姫路のオフィスに直接来られてバッグを確かめられるお客様もいらっしゃいます。

お電話でご連絡いただく事が多く、オフィスといっても自宅をオフィス兼作業場にしているので恐縮なのですが、ダイレクトに「近くまで来てるんです。別に気にしませんから」という感じでご訪問されます。バッグの試作や革素材の打ち合わせなどでオーナーやスタッフが不在の場合もあるのですが、スタッフのタンナー(皮革工)さんも近くにおりますので連絡がつく場合はいずれかの者が対応させていただいております。

出張や姫路付近の打ち合わせのタイミングでご連絡いただく事が多く、sproutトートバッグを見に来られる女性もいらっしゃいますが、男性のビジネスマンで仕事用で3Wayバッグをターゲットにされている方が多いようです。バッグ展示のお問い合わせも男性が多いのですが、ショッピングに関しては男性の方が思い入れが強く慎重なのかもしれません。

ダイレクトに意見を伺える貴重なお客様

ご訪問していただいたお客様には革素材や播州織を置いてある作業場で写真撮影や展示、打ち合わせ用に保管してあるトートバッグや3Wayバッグをご覧頂いております。レンガ、キャメル、バーミリオン、それぞれの革とバッグについてスマートフォンでmoeのホームページを見ながら色味を確かめられる人もいます。

一般のお客様と、じかにお会いできるのは実店舗や展示の機会が少ないmoeにとっては貴重な機会です。バッグのデザインや機能などもそうですが革の手触り感などの意見も伺えればと思うので、スタッフ、タンナーさんと共に接客させていだきます。

最初はバッグや革のどのような所をチェックされるか少し離れて様子を見守ります。しばらくしてトートバッグの取り外し式のPCバッグ用ケースやバッグの内側の仕様、裏地などをご紹介したり、urchin3Wayバッグであれば革の肩ひも(ショルダーストラップ)を利用したリュックスタイルなどの仕様もご案内して実際に試していただいたりもしています。

バッグを使われるお客様の生の声はとても貴重なものです。ホームページ制作やアプリ制作なども人の使ってもらうモノづくりですが、使う人を観察すると作り手側が想定しなかった使い方やモノの見方など新しい発見があり、それを取り込んでいきます。バッグも同じで、現在販売しているバッグの改良や開発中のバッグの参考として取り入れています。

ご訪問していただいたお客様には、バッグ以外にも、裏地として使う播州織の色や柄、名入れサービスの他にホームページに対するお話をお伺いすることがあるのですが、それらに関しても積極的にお話してくださります。

また、革そのものが好きなお客様も多いので、タンナーさんとじかにお話できるということで革についてのケアやメンテナンスなどいろいろ質問される方もいらっしゃいます。皆様いずれもバッグや革に関してそれぞれの感触をつかまれた方が多く、その場でオーダーしていただくこともあり、この上なくありがたく思います。

moeがバッグをかばん屋さんで販売しない理由

moeがバッグを他のかばん屋さんで販売しない理由

このように、実際にバッグを手に取って確かめたいというお客様のご要望はありがたいのですが、残念ながらその機会を提供できておりません。moeは一般のかばん屋さんのような実店舗は持っておらず、ホームページのECショップでのみ販売しており、他のお店などへの委託販売も行なっておりません。

これまでに地元でのイベントなどでバッグの展示やチラシの設置などを行なったことはありますが、長期間または持続的に一定の場所でバッグや革素材を展示したことはありません。moeの革やバッグに関心のある人に実際に手に触れる事のできる機会を提供していくことがブランディングにもつながる思うのでなんとか実現できないかと常に考えています。

小規模でもコストを抑えて運営できる実店舗を持たないホームページ中心の運営のススメ

moe専用のギャラリーといいますか、「ここに来れば革やバッグに触れることができる」というスペースなどはいつかオープンしたいと思うのですが現実はまだまだ厳しいですね。当店はStoryboardというホームページ制作やアプリ開発を行うオーナーが中心の小規模事業者が母体です。WEBマーケティングに取り組みながら実践と経験を積み重ね、そのノウハウを活用しています。

ブランド立ち上げの際に苦労したのですが、商品となるバッグの製造の委託先との契約が数十個まとめての発注が1セットとなるロット単位の契約が必要となる場合が多く、革素材の調達や売り先の確定しない在庫を抱えることは現実的ではありませんでした。

それならということで戦略を変えて、地元の革工房さんと提携して、レーザー刻印の名入れや革プリント、播州織の裏地をセレクトできる受注生産方式にしました。これなら商品の在庫を抱えるリスクがなくなるので広告やブランディングといったWEBマーケティングを中心した運営管理にコストを集中することができます。

また革でつくったパソコンが入るバッグなので、仕事などで毎日のようにパソコンやインターネットを使うヘビーユーザーでECショップの利用に抵抗のない人をメインのターゲットにしました。Storyboardの事業も考えればWEBマーケティングに取り組んでのECショップ中心の活動が最も費用対効果が高いと考えました。

何もないゼロの状態から商品開発を含めたブランドの立上げということで、コストがかかることは予想できました。一般的にホームページの制作費用についてはいろいろと言われるのですが、Storyboardとしてホームページ制作や運営の経験から、事業として本格的に取り組めばそれなりのコスト高になることは計算済みでした。

それでも実際の店舗を持つよりははるかにコストは低いと思います。立地の良い物件探して家賃や内装費の他、光熱費や人件費も考えると立上げの資金やランニングコストも考えると、オープンして半年も継続できなかったと思います。

バッグをかばん屋さんに委託販売しない理由

また、一般のかばん屋さんやインターネットのショッピングモールなどに卸したり、出店などの委託販売などのお話をいただくこともあるのですが現在はあまり積極的ではありません。

手数料の問題も大きいのですが、お店に卸すために在庫として商品を持つことになったり、製造体制や革の調達など規模を大きくしなければなりません。材料の調達の問題もありますが、革もバッグも工場で自動的に製造されるものでなく、タンナー(皮革工)さんやバッグ職人さんの手作業・手作りです。人数が増えて、作る職人さんが変われば品質の違いが出やすくなります。

それに、名入れ、裏地のカスタマイズで自分だけのオリジナルバッグをオーダーできるオンリーワンバッグサービスがmoeの一番の特長ですが、最初から完成された既製品を作ってしまうとそれができなくなります。

既製品もオーダーを受けて製造するカスタマイズ品も同じコストです。外部委託でもカスタマイズのオーダーを受ければ良いのではという考えもあるのですが、お店側の手数料も増えると思うので価格維持が難しくなる可能性があります。

和食や洋食のレストランなども同じかと思うのですが、職人さんといわれる人が手掛けるものは機械などの大量生産すると品質の維持が難しいと思います。また、規模が大きくなればたくさん売れるというか、売らなければ、設備や生産体制・職人さんの人件費などのランニングコストも増えるので商品一個あたりの利益は少なくなりそうな気がします。

夢は革とバッグに触れてお茶をしながらお客様とオーダーの相談ができるギャラリー

夢は革とバッグに触れてお茶をしながらお客様とオーダーの相談ができるギャラリー

moeというブランドも事業でやっているので利益は追求したいですがそれだけにこだわっていません。革やバッグを通じて、手にとって触れることのできるものづくりや、事業・ブランドの成長の過程をじっくり味わったりして楽しみながら取り組んでいきたいと思います。

お店というか、moeの工房・ギャラリーなどは持ちたいと思いますが大きなものでなく、小ぢんまりとした広さで、お茶でも飲みながらバッグのオーダーの相談などできればいいかなと思っています。

クリエイターさんのイベントや個展でコラボ企画もしたい

ナオッキーさん

まずはバッグの展示の機会を増やしていきたいですね。いきなりリアルな店舗(オフィス)やギャラリーというのはまだまだ長い道のりです。以前、デジタルハリウッド大阪校にて1カ月ほど展示させていただいたことがあります。「クリエイターと革」がmoeのテーマなので、イラストレータやデザイナーさんのイベントや個展に協賛するような形で参加とかできれば面白いです。

moeとクリエイターさんのコラボ企画などは積極的にやっていきたいです。urchin3Wayバッグを使っていただいてるキャラクターデザイナーのnaockyさんのように、レザーマットや名刺入れなどの革小物にレザー刻印や革プリントを施したクリエイターさんのオリジナルブランドやノベルティグッズなど夢があって面白いと思うのですが、いかがでしょうか。

面白いことをやってみたい、試しにオリジナルブランドをやってみたいクリエイターの皆様、気軽にお問い合わせ・ご相談くださいね。