革のショルダーバッグ。メンズ、レディースのおしゃれなメッセンジャーを目指して【coltish誕生物語】

革のショルダーバッグ。メンズ、レディースに人気のメッセンジャータイプ

待望の新作、革のショルダーバッグ「coltish」

A4サイズの書類や13インチのノートPC、タブレットが入るので学生なら通学バッグ、フリーランスならビジネス用にも使えるおすすめのバッグ。

coltishはメンズ、レディースに人気のあるメッセンジャーバッグタイプ。デザインもmoeらしい丸みとシンプルさを意識しました。

夏場に汗をかいても使えるように、色落ち対策となるバッグの背面やショルダーストラップの裏側の素材はPVCやPPテープを採用。材質だけでなく、バッグのカラーとの色合いも意識。

カジュアルで、おしゃれを楽しみ、遊び心を持てるバッグを目指したcoltishショルダーバッグ。

かぶせと呼ばれる一枚革の大きなフタに刻印するレーザーの名入れは、オリジナルのイラストやロゴなどのデザインでクリエイティブを楽しめるバッグです。

ショルダーバッグ開発。メンズ、レディースに人気のおしゃれを楽しめ遊べるカジュアルバッグ

シンプルでかわいい感じの革のショルダーバッグ

ブランド立ち上げ時より考えていたメッセンジャーバッグタイプの革のショルダーバッグ

ショルダーバッグについては、ブランド立ち上げ時より商品ラインアップとして計画していました。

バッグといえば、真っ先に思い浮かぶのはトートバッグ。使い勝手がよく、メンズ、レディースから人気があります。

ショルダーバッグも広く認知されていますが、オープン時のファーストリリースはビジネスバッグとしても利用できるバッグを優先しました。

そして、ファーストリリースとなったのがA4サイズ対応で15インチのノートPCが入るトートバッグ「sprout」3Wayバッグ「urchin」

ショルダーバッグはメッセンジャーバッグタイプのデザインを考えていたので、ビジネスマンもターゲットにするにはカジュアルすぎると判断しました。

汗をかいても革の色落ちを気にしない、夏場でも使える革のショルダーバッグ

セカンドリリースでは、事業立ち上げ時より構想にあったメッセンジャータイプのショルダーバッグの開発に着手。

ショルダーバッグやメッセンジャーバッグはポピュラーなバッグです。競合も多く、PC収納やデザインに加え、もうひとつアピールポイントが欲しいと思いました。

そこで考えたのが、汗による革の色落ち対策です。

革は水や湿気に弱く、カビなどで革の質感も変わってしまいます。さらに、色落ちも発生するので明るい色の衣服にバッグの塗装が付着することもあります。

このため、雨の多い梅雨や、汗を大量にかく夏場の革製品の使用は注意が必要となります。

メッセンジャーバッグの始まりは天候に左右されないアウトドアバッグ

メッセンジャーバッグの始まりは天候に左右されないアウトドアバッグ

今回のショルダーバッグはメッセンジャーバッグタイプのデザイン。

メッセンジャーバッグは、天候に関係なく荷物を届ける郵便配達人が使っていたショルダーバッグで、防水仕様でアウトドアやロードバイクといったスポーツでも使われています。

本来の使用目的として革素材はふさわしくありませんが、ショルダーバッグの使い勝手の良さからカジュアルまたはファッションとして革のメッセンジャーバッグも人気があり、多くの人に使われています。

メッセンジャーバッグに限らず、夏場の発汗による色落ちは、革のバッグにとって大きな問題ですが、バッグの特徴を考えると対策をとる必要があります。

そこで、アウトドアバッグのように、バッグの裏側や斜めがけのショルダーストラップの裏側などの体に密着する面の素材をナイロンやビニールなど耐水性のある素材を使うことにしました。

革の色落ち対策には、防水スプレーなどこまめなメンテナンスが必要ですが、このような対策を取ることでメンテナンスの頻度も軽減されますし、商品の特徴としてアピールすることができます。

シンプルで斜めがけがかわいい、丸みのあるカジュアルなショルダーバッグのデザイン

斜めがけがかわいい革のショルダーバッグ

ショルダーバッグは、moeのブランドイメージを考えたシンプルで柔らかいイメージ。

moeではブランドロゴやホームページで使うデザインパーツ、画像を含めて「丸み」を意識しています。

直角や先の鋭角なものは堅さのあるハードな印象を与えますが、丸みのあるものは、温和で柔らかい印象となります

また、丸みが大きいほど、幼いイメージになりますが、バランスを考えた適度な大きさにすることで親しみやすさをアピールすることにつながります。

ショルダーバッグの基本イメージは、昔使っていたシンプルな通学バッグ。それをベースにmoeのイメージを反映させた斜めがけのかわいいバッグです。

独自の世界を表現できる、おしゃれと、遊び心、そしてクリエイティブを楽しめるかぶせの名入れ

今回のショルダーバッグの一番のおしゃれで、おすすめポイントは、かぶせに施すレーザー刻印の名入れです。

かぶせとは、縫製のない一枚の革のパーツ。張りがあり、丈夫で傷も少ない銀面といわれる革で一番良い部分が使われます。

名入れ書体は筆記体、ゴッシック体、明朝体の他、ロゴやキャラクターなどオリジナルデザインも可能。

デザイナーやクリエイターに、自分の作品をかぶせに刻印した革のショルダーバッグで独自の世界観や世界にひとつだけのオンリーワンバッグをアピールするために使って欲しいサービスです。

ショルダーバッグのフタにできる名入れ
革にレーザー刻印でオリジナルの名入れ

革の色落ち対策を考えたショルダーバッグの開発

革の色落ち対策を施したショルダーバッグ

いよいよショルダーバッグの試作です。

デザインはシンプルで、クッション材を敷き詰めたA4サイズまたは13インチPC収納部はトートバッグ、3Wayバッグ開発の経験もあり、大きな問題はありませんでした。

問題となったのは、色落ち対策で使用する防水用の素材選びでした。

最初はキャンバス生地の帆布などを考えました。帆船の帆やテントなどに使われ、張りがあり丈夫なキャンバス生地。質感としても革とは相性が良さそうなのですが、耐水性が気になりました。

通気性が良いので中の物が蒸れにくいということですが、水分も通しやすいということになります。また、天然素材で染色するので革素材と同じく色落ちなども気になりそうです。

体に密着することが多いショルダーバッグ。バッグの裏面や斜めがけのショルダーストラップの裏側などは、汗による革の色落ちなどの対策で耐水性のあるナイロン、ビニール系の素材を使うことにしました。

水に強い素材選び。バッグ裏面にPVC、ショルダーストラップにはPPテープを採用

革の色落ち対策に使う素材に関して、繊維資材の卸売業者さんからサンプルとアドバイスをいただきながら検討しました。

手触り、質感もいろいろと違いがあり、選定に苦労しました。そして、採用したのがPVCとPPテープです。

PVCはPoly Vinyl Clorideの略でポリ塩化ビニール樹脂、いわゆる塩ビです。生地も柔らかく安定しており、耐水性もあり経年劣化も少ない素材。

もうひとつの、PPテープはポリプロピレンテープと呼ばれ、水に強く、耐カビ、耐菌性に優れた素材です。

どちらもアウトドア系のバッグによく使われる素材。手触りがしなやかなPVCをショルダーバッグの裏面に、ざらつきがあり、滑りにくいPPテープをショルダーストラップの裏側に採用することしました。

PVCのカラーは、キャメル、レンガ、バーミリオン、チャコルグレーに対して合わせやすいベージュ系。PPテープはネイビーブルーを採用しました。

こちらの仕様で試作したショルダーバッグはイメージ通りの出来栄え。各パーツのサイズ調整を含めて3回の試作で正規版が完成しました。

おしゃれなメンズ、レディースに使って欲しい、「子馬のようにはしゃぎ回る」「自由気ままな」な意味を持つcoltish

タブレットやノートPCが入る革のショルダーバッグ

トートバッグ、3Wayでの開発経験もあり、予想より短い期間で完成した革のショルダーバッグ。

学生時代に使ったことがあるようなシンプルなデザイン。

間口が広くて、荷物がざっくり入るショルダーバッグに、A4サイズに相当するタブレットや13インチノートPCを収納できるクッション付きの専用スペース。

体に密着するバッグの裏面やショルダーストラップにはPVCやPPテープといったビニール系素材で革の色落ち対策付き。

そして、かぶせと呼ばれる一枚革のフタにレーザーで刻印できる名入れ。満足できる仕上がりです。

革の持つ雰囲気と色とサイズでおしゃれを楽しむ大人のショルダーバッグ

革のショルダーバッグcoltishのカラーバージョン

バッグのカラーバリエーションは、キャメル、レンガ、チャコールグレー、そしてバーミリオンの4色。

メッセンジャーバッグタイプはサイズの大きいものが多いのですが、今回のバッグはレディース向けのかわいいイメージも考えたので少しコンパクトなサイズにしました。

サイズの小さいバッグの方が、ファッションでのコーデイネートがしやすくなります。

また、バーミリオンなどのカラーなどはアクセントになり、色とサイズの組わせでおしゃれを楽しめます。

革の仕上がりと色合いで落ち着いた雰囲気があるので、ライフスタイルを楽しむ大人のショルダーバッグとして活躍して欲しいですね。

革のショルダーバッグでアクティブにかっこよく生きる。自由気ままなcoltish

ショルダーバッグのカラーバリエーションも決まり、残すはネーミング。moeでは、それぞれのバッグのイメージを考えて名前を付けています。

それぞれのバッグに名前があれば個性を感じ、思い入れも強くなると思っています。

名前については、デザイン時からショルダーバッグのイメージは固まっていたので取り組みやすく、キーワードや方向性は絞り込んでいました。

そして、命名したのがcoltishショルダーバッグ。英語で「子馬のようにはしゃぎ回る」「自由気ままな」という意味を持つ単語です。

ショルダーバッグそのものは、カジュアルで自由度の高いバッグです。そしてメッセンジャーはアクティブで常に行動するイメージがあります。

自由にアクティブ、moeの考えるクリエイティブにもマッチします。

moeの革のショルダーバッグcoltish。おしゃれでかっこよく生きるメンズ、レディースの皆様に使っていただきたいバッグです。

 

★最終的に完成したショルダーバッグcoltishはこちら >>