【PCバッグ】カジュアルでもビジネスでもおすすめの革のPCバッグ

【PCバッグ】ビジネスにもカジュアルにも使えるおすすめの革のPCバッグ

バッグで持ち運びする機会が増えたノートPC

最近はバッグにノートPCやタブレットを入れて持ち歩き、電車や飛行機の中、カフェや公園のベンチなどで仕事をしたり、動画やゲームを楽しむ風景を見かけることが多くなりました。

PC(パソコン)といえば以前はデスクトップPCが主流でしたが、最近ではMacBookに代表されるように薄型で軽量化が進んだノートPCがシェアを伸ばしています。メモリやCUP、ハードディスクなど性能もデスクトップPCと比較して遜色もなく、オフィスでの通常業務や大学などの論文の研究などでも問題はありません。

また、スマートフォンやWi-Fiなどの普及で通信環境が劇的に変化し、どこでもインターネットに接続できるようになり、訪問先での顧客との打ち合わせやコーワーキングスペースなどでノートPCを使って作業するビジネスマンや学生、ノマドワーカーが増えてきました。

デスクトップPCに劣らぬ性能で持ち運びができ、さらに大きいサイズのモニターに接続して複数の画面を使って作業効率の向上も図ることができるなどビジネス活動では利点も多く、日常生活においてもノートPCは非常に身近な存在となっています。また、ノートPCよりもサイズ、性能ともにコンパクトなタブレットもビジネスや日常生活の多くのシーンで利用されています。

仕事でもプライベートでも、おしゃれに使いたいPCバッグ

おしゃれに使いたいPCバッグ

このように、ありとあらゆる場面でノートPCやタブレットが使われる事が多くなってきたのですが、それに合わせて屋内から外部に持ち出す機会も増えてきました。ノートPCは価格面で安くなっているとはいえ、気軽に購入できるものではなく、熱や水、衝撃などの影響で故障しやすい高価な精密機器です。そのため、これらを持ち回り、移動中に保護できるPCバッグの需要も大きくなっています。

ノートPCを持ち回ることができるPCバッグですが主にパソコン売り場や専門店で取り扱われています。ポリエステルなどの素材で黒やグレーなどの色が多く、バッグ内部にクッション材が敷き詰められ、デザインもビジネス的というイメージを持つ人も少なくありません。

PCバッグ専門店や印象に残るバッグのブランドも少なく、機能としてノートPCだけを収納する目的のものが多く、ノートPCを入れてしまうと、他の荷物を入れる余裕がなくなり、書類や書籍など他の荷物は別のバッグに入れるなど複数のバッグを持ち回ることも少なくありません。

PCバッグの価格も、海外製で丈夫で厚みが薄い、軽量化された素材でつくられた手提げやショルダー、リュックなど2Way、3Wayバッグのような形態で機能性や収納量が豊富などビジネスバッグとしても利用できるシステムバッグなどは高価格ですが、一方でPC収納・持ち運びに限定され、ビジネスバッグと別持ちのPCバッグなどは低価格なものが少なくありません。

このようなバッグの2つ持ちではなくインナーバッグまたバッグインバッグとしてPCケース代わりの小さいバッグを用意して、メインの大きいバッグにいれて持ち歩く人も見られます。

最近では一般のバッグ専門店などでもPCバッグ機能を持ったビジネスバッグや普段使いのカジュアルバッグも増えてきています。またiPadのようなコンパクトなタブレット端末が流行し日常生活でも身近な存在なったため、PCケースやPCバッグ機能を持ち合わせたバッグもファッションアイテムとして扱われるようになりました。

ワークスタイルだけでなくライフスタイルの多様化に合わせてバッグの用途も変化しています。ビジネスに限らず音楽やイラストを創作したり、ゲーム屋動画を楽しむなどプライベートでも活用する機会が多くなったノートPC、普段使いのカジュアルバッグも含めて、かっこいい、おしゃれなバッグに入れて使いたいですよね。

欲しいのは普段使いができてビジネスバッグにも使えるPCが入るセンスのよいバッグ

PCバッグに入れるノートPCやメモ

以前は高価格で厚みもあり、重量もあったノートPCですが現在は価格も安く軽量化も進み、ビジネス活動以外でもイラストを描いたり、ゲームや動画、音楽を楽しむことができるようになりツールとして利用されるようになりました。現在ではビジネスマンに限らず学生や女性など幅広く利用しており、それに合わせてノートPCやタブレットをバッグに入れて持ち運ぶ機会も増えています。

ビジネス色の強い黒や紺、グレーの色のバッグでPCの持ち運びにしか利用されなかったPCバッグですが、ビジネスでの出張だけなく、アウトドアや旅行先でもノートPCやタブレットが使われることが多くなったことでファッションアイテムとして注目され、色、デザインともにおしゃれでかっこいいバッグも登場してきました。

ビジネスバッグでもPCバッグ機能を持ったバッグが増えたのと、カジュアルなスタイルのバッグがビジネス用として受け入れられていることもあり、通勤、通学や就職活動用で女性や学生などの利用者も増えています。

バッグにはさまざまなデザイン・バリエーションがあります。学生や女性に人気があり、ビジネスバッグとしても人気があるトートバッグ。自転車やバイクの移動で両手を自由に使えるメッセンジャーバッグやリュックサック。近場の打ち合わせやなどに便利なクラッチバッグ、出張や旅行で使うならボストンバッグやキャリーバッグ。

PCバッグでこれらのデザインに合わせたものがありますが、センスがよくて、普段使いできるような人気のあるバッグは少ないようです。

PCバッグを使わず一般のバッグを使う場合、インナーバッグとして専用のPCケースに入れたり、タオルやクッションの代わりになるようなものでノートPCを包み、スカーフやバンダナなどを巻いてバッグに入れるなどしており、移動時には人や壁にぶつからないようにしたり、バッグを落とさないように注意をはらいながら使われています。

このように使うのであればデザイン性にすぐれた、おしゃれでかっこいい、普段使いができてノートPCを保護できる機能を持ったバッグがたくさん出て欲しいと思いますよね。

PCを持ち運ぶバッグに求められるもの

それでは、絶対に欲しくなる、毎日使いたくなるノートPCやタブレットを持ち回るバッグとはどのようなバッグでしょうか。ビジネスバッグにも使えるおしゃれなバッグ、かっこいいバッグ、または、ファッションアイテムのようにショッピングやレジャーなどで常に持ち歩きたくなるかわいいバッグなど、デザインにおいては人それぞれ好みがありますし、学生や社会人でそれぞれの環境で求めるバッグは異なってきます。

自転車やバイクで通勤や通学する人であれば運転中に背負うことができるリュックサックや肩がけのショルダーバッグ、メッセンジャーバッグなどを選び、社会人であればフォーマルなビジネスバッグや飛行機の中でも持ち込みができる3Wayバッグ、女性であれば、ざっくりとたくさんのものを入れることができ、肩にかけることができるトートバッグなどを選ぶことが多いのではないでしょうか。

このようにバッグにはたくさんの種類があるのでどのようにして選べばよいか迷う人は多いと思います。そこでいくつかのポイントを挙げて、ノートPCやタブレットを持ち回るバッグの機能や仕様について考えてみたいと思います。

ここに注目!PCを入れるバッグの選び方

バッグに入れるノートPCと周辺機器

ノートPCの保護を目的とするPCケースやPCバッグですが、あらゆる衝撃や振動などに対して完全防備というわけでなく、手持ちの状態やケースに入れない状態での持ち運びと比較して衝撃や振動を和らげて故障などの発生を抑えることが主な目的です。なおかつ、たくさんの物を整理して入れることができて丈夫で長持ち、そしてお好みのデザインのバッグであれば理想のPCバッグといえるでしょう。

ライフスタイルに合わせたバッグ選び

まず第一に自身のライフスタイルに合うバッグを選ぶことです。たとえ自身の好みにぴったりのバッグでも職場や学校に自転車で通うのか電車なのか、服装はスーツ姿なのかカジュアルなのかなど、その人のライフスタイルによっては使いにくい場合もあります。

例えば、スーツ姿のビジネスマンであれば、手提げ機能のない1Wayタイプのショルダーバッグなどは使いにくいですし、リュックなども商談ではNGだと思います。また背中に斜めがけのメッセンジャーバッグも自転車などの移動では便利ですが、夏場などは大量に汗をかき、背中がベッタリしてバッグが色落ちしやすくなります。また自転車のカゴに入れるとしてもバッグの形がくずれたり、痛みやすくなるかもしれません。

休みの日やレジャーなどで利用するバッグなら自身の好みに合うバッグをセレクトすれば良いのですが、普段使いをするバッグであれば日々のライフスタイルや利用シーンを考えながらバッグのタイプを考えましょう。

軽量化が進んだとはいえノートPCはそれなりに重さを感じるものです。また資料や書籍など詰め込むとかなりの重さになり、徒歩など移動が多いと体に負担がかかります。なので営業など徒歩の移動が多いビジネスマンは手提げや肩掛けのできる2Wayタイプのバッグの方が便利です。特に肩にさげるショルダータイプのものは肩紐の幅の広いもの、肩パットなどがついているものを選ぶことで徒歩などの移動でも負担が軽減されるのでショルダーストラップにはこだわりましょう。

また、肩にかける、背中に背負う、手提げで持つといった3Wayバッグであれば自転車での移動でも使えますし、商談では手提げスタイルで対応できます。自転車やバイクの移動が多いのであれば、車体にバッグを収納できる専用のカゴのようなものを取り付けるなどすれば、荷物の重みで体がふらつくこともありませんし、夏場でも使いやすいと思います。

ノートPCに合わせたバッグのサイズ

次に考えないといけないのは、ノートPCを入れるバッグのサイズです。デザインが気に入ったからといって、自身が所有するノートPCよりもかなり余裕のある大きなバッグだと歩いたり、走ったりなどちょっとした動きでバッグの中のノートPCが揺さぶられ、影響を与えてしまいます。

ノートPCを入れたときにバッグ内で少しだけ余裕があるものがよいでしょう。ノートPCに対してバッグ内のスペースが広すぎるとバッグの中での揺れが大きくなるのでクッション材を敷き詰めた専用スペースであっても影響はあると思います。

今のノートPCのサイズは15インチまたは13インチが主流ですが、MacBookなどの場合は13インチでA4横サイズ、15インチでB4横サイズくらいの大きさになります。13インチ以下のノートPCやタブレットではB5横サイズなどがあてはまると思います。

バッグの頑丈さと重さに耐える持ち手とバッグとの結合部分の強さ

三つ目に強度、頑丈さといったバッグの構造に注目しましょう。頑丈でクッション材の詰まったものがベストですが、ノートPCの収納にかかわらず強度や頑丈さはバッグ選びの大切なポイントです。バッグの底面だけでなくマチとなる側面や角の部分などは注意を払いたいところです。角の部分が頑丈で周囲にクッション材などがあれば理想的です。

またバッグの持ち手や肩掛けとなるストラップやバッグ本体の縫製などの結合部分も要注意です。軽量化が進んでいるとはいえノートPCの重量は2kg近くになるものもあります。加えて充電器などの付属機器や大量の書類や分厚い書籍など詰め込んでいくと相当な重量となります。

素材が革なので重さに耐えられずちぎれてしまうことは考えにくいですが、バッグの本体が丈夫でも持ち手や肩掛けのストラップなどの結合部分が弱いと、その部分が壊れバッグが地面に落下してしまいます。重い荷物であれば落下時の衝撃は大きくなるのでノートPCなどは破損する可能性が高くなります。

バッグと持ち手の結合部分の頑丈さはバッグ選びのポイント

たくさん入って整理しやすい収納性

ライフスタイルに合ったバックのタイプを考え、サイズやバッグの強度が確認できたら次は収納性です。たくさんものが入るか、ポケットや仕切りがあって収納する物の大きさや種類によって整理して収納ができるかといった事柄に注目しましょう。できるだけたくさん物を入れるのであればバッグのマチ(側面)幅や広さをチェックしましょう。学生やビジネスマンならノートPCやタブレットと一緒に書類やノート、辞書のような分厚い書籍などを持ち歩くことが多いと思います。

加えて、ノートPCの場合は、マウスや充電器、メモリなどの周辺機器も必要になります。ノートPCの厚みが2〜3cm程度としてこれらのものを合わせて持ち回るとすればバッグのマチ幅は8〜9cm程度は欲しいところです。またポケットが豊富なバッグであれば周辺機器や手帳など小さいサイズのものなどは整理して収納できるので便利です。もし小物の収納に困るのであれば補助的に小さいポーチなどのインナーバッグを入れておけばよいでしょう。

おすすめは使う人を引き立てくれるPCが入る革のバッグ

使う人を引き立ててくれる革のバッグ

ここまでノートPCを持ち運びできるバッグについて幾つかのポイントについて考えてきました。最後にこだわって欲しいのがバッグの素材です。

トートバッグやショルダーバッグといったバッグのタイプを決めて、サイズや頑丈さ、収納性などにこだわった理想のバッグならデザインも好みにあったおしゃれなものでありたい。毎日使うのだから思い入れのあるバッグにしたいですよね。

PCバッグの目的は、大事なノートPCやタブレットを保護することです。バッグの強度や周辺機器の収納などを考えるとデザインも機能重視になりがちです。バッグの部品として使われるボタンやファスナー、その他金具などはほとんどの場合、規格の定まったものが使われサイズなどが決まっています。

これはバッグに限ったことではなく、服や靴でも同じではないでしょうか。同じようなデザインの商品でも、少しデザインや機能をアレンジすることで他の商品やブランドに対して差別化を図ります。そのようにすることで個性が生まれ、見た目の印象も変わってきます。さらに素材を変えると表面の質感や雰囲気で全く別のものに生まれ変わります。

PCバッグに使われる素材はボリエステルやナイロンなどがよく使われ、色も黒やグレーが主流です。例えば帆布など違う素材で色も変えるとバッグの表情が一変し別のバッグに変身します。ただし、バッグは1シーズンではなく長期に渡って使い続けるもの。加えて強度などの問題もあります。強度的にも問題なく、長期間使うことができ、質感もこだわれる素材としての一番のおすすめは天然のなめし革です。

おしゃれを楽しめる革の素材

革は強さと柔らかさを持ち合わせることができる素材です。表面の仕上げや厚みを変えることで紳士靴のようなフォーマルなものから、ライダーズの革ジャンのようなワイルドなものまで扱える表現力が豊かな素材、長く使うほどに風合いが増し、愛着が持てる素材です。

革は色合いも多彩です。ビジネスやフォーマルなものでは黒や紺、茶色などが主流ですが、同じ色でも光沢を抑えたり、型押しという仕上げによりワニ皮のクロコダイル調の模様やシワのような加工もできるので同じデザインのバッグでも雰囲気は異なってきます。

革の定番色で人気のある色はキャメルがあげられます。コーディネートを考えれば服装に合わせ安く、おしゃれを楽しめることができ、落ち着いた感じのワインレッドなどは大人の女性を演出するのにおすすめの色です。

長く革と付き合える一番おすすめの色の革は、オレンジ寄りの赤で少し黒がはいったレンガ色でしょう。革は使い続けて風合いを楽しめる素材ですが、明るい色だと黒ずんだ汚れも気になります。汚れも風合いのある革の味の一つですが汚れ具合も味わい深く、品格を保ち、円熟味を増すのがレンガ色の革だと思います。

ツヤのあるレンガ色で作ったバッグは、そこにあるだけで品格を感じます。使う人を引き立たせ、持つだけでその人の品位を感じさせますし、ビジネスバッグとして使えばプロフェッショナルで仕事ができる人を演出してくれるます。そして、そこから取り出すノートPCやタブレット、まさに持つ人をキャリアアップさせてくれるアイテムです。

衝撃や火に強いPCバッグの素材としての革

PCバッグの素材としての革ですが、ファッションや持つ人の魅力を増すなどといった存在感や影響力だけでなく、実用面での特長として熱や火に対して強いことがあげられます。また柔らかく厚みのある革は衝撃を吸収する特性もあり、クッション材などで補強すればPCバッグのとしての役割を十分果たすことができます。

このように長所の多い革素材ですが短所もあります。ひとつには重さの問題があげられます。丈夫で厚みのある革ですが、ポリエステルなどの化学繊維などの素材と比較して重いので長い時間持ち歩けば疲労度は革のバッグの方が大きいと思います。

植物を使ったタンニンなめしで作られるヌメ革などは重みがあり、吸水しやすいのですが、風合いが出やすい特長があります。また化学薬品を使ったクロムなめしの革はヌメ革と比較して軽量で水分に対しても抵抗力がありますが風合いは少ない素材です。最近では完全防水の処理を施した革も存在しますが、エイジングによる風合いというものが発生しにくくなり、革の愛好者からすれば面白みが失われてしまいます。

水分や湿気は革にとっては一番の大敵です。革は大量に水分を吸収したり、湿気の多い所に放置すると革が変質したり、表面にカビなどが発生します。また動物から採取した革は人間と同様に直射日光にさらされると日焼けして変色してしまいます。

そのため、雨の日は革のバッグは使わないようにして、風通しのよい暗いところで保存するなど常にメンテナンスの必要があります。梅雨など湿気の多い時期は革の扱いは慎重にしましょう。市販の撥水スプレーを霧状でバッグに吹き付けなどを行います。バッグに近づけすぎると撥水剤が垂れたりして色落ちやシミになることもあるので慎重に。普段は2〜3ケ月程度は撥水効果は持続しますが梅雨時などは2週間に1回程度はメンテナンスをしましょう。

他の素材と比較して、保存やメンテナンス、クリーニングなど手間暇をかける必要があるのが革の短所ですが、革でつくられたバッグや靴などは長い期間に渡って使えるので、手間のかかる子供ほどかわいいという感覚で革に接する人が多く、それが革の魅力となっています。

姫路の革で作られたmoeのPCバッグ

姫路の革でつくったmoeのPCバッグ

moeは姫路で活動する革のバッグのブランドです。WEB制作やアプリ開発を行うオーナーが仕事で使うノートPCを持ち回る際に思うようなバッグに出会えなかったことがきっかでブランドを立ち上げました。

オーナーの実家はタンナーという皮革の製造業を営んでいました。姫路は日本の皮革産業発祥の地で全国シェアの70%を占めています。子供の頃から革に触れていたオーナーにとってオリジナルのPCバッグを作るなら革のバッグというのは当たり前のように思っていました。

素材となる革の品質や厚みなどを見極め、バッグの製造コストも考えながら製品の開発など試行錯誤を繰り返し、オープンまでに約2年かかりました。デザインを考えながら革の持つアドバンテージを活かし、クッション材を使ったノートPCやタブレットを収納する専用スペースを設置、周辺機器の収納のためのポケットの設置や出し入れする際にファスナーなどの金具にPC本体が接触して傷つけないように金具の使用を抑えるなど、ノートPCユーザーの意見も取り入れながらバッグ作りに取り組んでいます。

「クリエイターと革」がmoeのテーマ。見た目が派手やかな高級感のあるバッグではなく、柔らかく品格のある、親しみのあるバッグを目指しています。PCバッグとしての追求だけでなく、革プリントやレーザー刻印によるイラストや名入れのオプションは遊び心を持ちながらバッグを持つ人に自身をアピールしてもらいたいと考えたサービスです。

ビジネスマン、デザイナー、エンジニアやクリエイターなど仕事や研究でノートPCを使う人は、いろいろな商品やサービス、アート、テクノロージなどを作る人たちです。しかしながら作り上げたものを自身の手で触れることができるものは多くないと思います。そのような人たちに是非、タンナーやバッグ作りの職人たちの思いを込めた革のバッグに触れながら、自身の感性を刺激して仕事などに役立てて欲しいと思います。